スーパーコンパニオンでもっとも多い失敗事例とは?

スーパーコンパニオンと遊ぶのに、セックスとコミコミの宴会をイメージする男性が多くいます。

またお金に糸目はつけないという泥酔パターンも。

気をつけてください。

■スーパーコンパニオンとの本番はできないのが常識。

「スーパーコンパニオン=セックスのできる相手だと目的を間違えてしまう」、「ついつい気が大きくなって予算オーバーになり、後味の悪い遊びになってしまった」。

この2つがもっとも多い利用者のミスです。

どんな遊びをしたいか、どこまでのエッチプレイをしたいのか、予算はいくらまでなら後悔しないのかを、最初にしっかり決めておきましょう。

それが遊びの鉄則です。

■調子に乗ってイケイケ状態になれば精算の悲劇が。

延長には気を付けましょう。

仲間と一緒にスーパーコンパニオンと楽しく過ごしていると、「延長など当たり前!」という気分になります。

お酒も入っているので上機嫌。

お一人様気分で個室に誘い込む魂胆で、ついついお酒も追加注文という道をたどってしまいます。

そうなると延長のお金だけではなく、女の子の飲食代追加や、交通費の深夜料金割増など、思っている以上のお金がかさみます。

■“気の緩み”はどこまで許すのか。

ある意味では計算づくで遊ぶ賢さと度量が必要です。

無制限に自分を許してしまったら、後悔するのは目に見えています。

また、スーパーコンパニオンに本気で惚れ込んでしまう男性もいます。

一晩の饗宴に過ぎないので無駄なことです。

酒の上とはいえ自分を見失ってはいけません。

This entry was posted in スーパーコンパニオンのよくある勘違い. Bookmark the permalink.

Comments are closed.