「白髪染め」と体温

Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2014年7月22日

「白髪染め」をししっかりと25度の温度でまた、時間も同じように染めたのに、うまく染まらなかったなんてこともあります。

それはどうしてなってしまうのでしょうか。

実は「白髪染め」の温度というのは室温だけではなく、自分自身の体温とも大きくかかわってきてしまうのですね。

ですから、全部の髪の毛を一気に染めてしまうと、根元の部分と髪の毛の端っこの部分では色が大きく異なってきてしまうということもあります。

大体自分の体温というのは25度を平準として染めていたら、10度以上は異なってきますよね。

そうなってくると必然と髪の毛の染まるスピードというのも変わってきます。

というのも、「白髪染め」というのは温度によって染まりやすさが変わってくるからなのですね。

暑ければ暑いほど、早く染まっていきますから、根元だけがどんどん濃くなっていってしまうという結果になってしまうのです。

ですから、「白髪染め」を染めるときには髪の毛の根元以外を先に染めてしまって、最後の仕上げとして、髪の毛の根元に「白髪染め」を縫っていくことが大切になります。

根元から「白髪染め」を塗っていき処理をしてしまうと、グラデーションカラーで「白髪染め」を染めてしまうことになってしまいます。

しかっりと、「白髪染め」の要領用法を守って、白髪とはおさらばしてしまいましょう。

また白髪がなくなることで顔の印象というのはがらりと変わるとも言われていますから、がんばりましょう。

Welcome , today is 月曜日, 2017年5月29日